2008年10月01日

適性な借入額

適性な借入額はいくらか?こんな質問を受けることがある。
適性な借入額を論じる際のポイントは、運転資金設備投資資金に分けて検証するということです。
簡単に言うと、運転資金は、正常な運転資金算出額の範囲内か?。
設備投資資金は、適性な期待投資回収期間内か?。
そして、盲点のなりやすいポイントは、前述の二つのポイントをセグメントに分けて検証するということです。
posted by 診断士&具申士 at 07:25| 財務・会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。