2008年10月08日

ベネフィット&ソリューション分析

企業が売上高を獲得するには、顧客に利得、いわゆるベネフィットを提供しなければならない。
しかし、企業経営者に御社の製品・サービスが顧客に提供している最大のベネフィットは何かを尋ねると、いまひとつの返答が多い。何がいまひとつかというと、顧客の視点にたったベネフィットでないという点だ。
顧客の視点にたったベネフィットは、コアコンピタスの一つであり、差別優位性といえる。

近年の多様化する市場で勝ちのこるには、顧客へ提供するベネフィットを意識した事業展開は不可欠である。
ベネフィット&ソリューション分析で、自社製品・サービスを分析することをおすすめする。

企業経営のヒント 一覧


posted by 診断士&具申士 at 20:54| 企業経営理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。