2008年10月15日

ナレッジマネジメント(1)

ナレッジとは、知識を意味する。
知識経営?。
何を意味するのかいまひとつピンとこない。

ナレッジマネジメントとは、『共有化された知識(情報)を活用し、付加価値の高い企業経営を目指していく経営手法』と解釈できないであろうか。

知識の共有化とは、「知識を体系化し、見える化すること」を示す。知識を見える化するとは、自由に組織の構成員が知識を検索できる状況を示す。

では、「知識体系化し、見える化する」にはどうすればいいのであろうか。

「知識を体系化し、見える化する」には、組織の中にある知識を、“ナレッジマネジメントの3S化(整理・整頓・躾)”すれば実現できる。

組織論に関する情報はこちらを参照ください。


posted by 診断士&具申士 at 21:24| 企業経営に関する私見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。