2008年10月20日

アイデアの発散法

アイデアを発送する際には下記のような着眼点が有益になるケースが多い。

@類似連想の法則  刺激に類似した過去の経験や状況を思い出す方法。
例・・・カップ→グラス  イヤリング→ピアス  

A近接連想の法則  刺激に時間的・空間的につながった過去の経験や状況を思い出す方法。
例・・・パソコン→液晶

B反対連想の法則  刺激に相反した過去の経験や状況を思い出す方法。
例・・・苦しい→楽しい   豊か→貧しい

C因果連想の法則  刺激に因果関係とつながった過去の経験や状況を思い出す方法
例・・・暑い→ビール  めがね→秀才


posted by 診断士&具申士 at 23:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。