2005年10月02日

株式公開

株式公開を考えたことはありますか?

応援お願いします。(ランキングが私へのインセンティブとなります)

企業経営者に「株式公開」に対する考え方を聞くと10人10色の返答が返ってくるのが現状である。

なぜ、そうなるのか?。
一言で言うと、「株式公開に対する認識が、経営者によって異なるから」である。

認識が異なる要素としては下記のようなことが考えられます。

■大半は、株式公開について勉強をしていない。← する必要がないから仕方ない?
(特に初歩的な認識(勉強)不足で多いのが次の見解。

○株式公開市場=東証という認識が多い!!!これは大間違い。

○株式公開市場としては、証券取引所(東証、大証、名証、札証、福証、ジャスダック)が運営する、一部・二部(取引所によっては無い)・新興市場がある。

■株式公開によるデメリットが大きい。← 最近上場企業が上場廃止を決定するのは、この判断に基づくもの

■株式公開のメリットを教授したいので公開を目指している。← 最近のベンチャー企業に多い。

続きを読む前にクリック願います。(ランキングが私のインセンティブとなります)

話を振り出しに戻します。
株式公開を考えたことはありますか?と質問すると、「株式公開なんて考えたことも無い」との回答が大多数なので、話は盛り上がら無いのが実態です。

日本においては、年間数百社の企業が株式公開を果たしています。しかし、日本国内企業社数が500万社を超えるとも言われていることを考えると、ごく少数の企業しか株式公開ができていないといえます。

だから、公開なんて無理と決めつけ、「株式公開なんて考えたことも無い」と回答する方が多いのかもしれません。
そのような考え方をもている経営者の方へ具申申し上げます、

具申・・・株式公開について勉強をしていないのではないのですか?。

具申・・・する必要がないから勉強をしていないですって?株式公開について勉強してないのになぜ「する必要がないと」いえるのでしょうか?

とりあえず勉強してみましょうよ!。
そうだ、株式公開の「メリット、デメリット」をまず調べてみてください!!。
*「メリット・デメリット」については、以降のブログで記載します

posted by 診断士&具申士 at 09:09| 株式公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。