2005年10月11日

ターゲット市場

企業戦略を立案する際に必ずといっていいほど記載される項目に「ターゲット市場」がある。

いろんな経営者が持ってくるターゲット市場の記載事項を拝見した際によく感じるのが、「市場規模が大きすぎないか!」ということだ。

続きを読む前にクリックをお願いします。(ランキングが私のインセンティブとなります)

例えば、近畿地方に基盤をおく企業が、全国展開をしていないのにも関わらず全国の市場規模をターゲット市場の市場規模としている場合などがこれにあたる。←余にも安直な発想といわざるを得ない。

このような事業計画を見た際には、「御社は、近畿地方が基盤なんですから、近畿地方のターゲット市場の市場規模が参入市場でしょ!!」といいたくなるものだ!。←一生懸命さに諭されいえないことも・・・・

なぜこのようなことが起きるのか?。

答えは簡単です。

このような事業計画を持参する企業には、「セグメント」という概念が無いのです。
セグメント=市場の細分化をすれば、参入しようとするターゲット市場の市場規模はおのずと縮小されていき、適正な参入ターゲットの市場規模が試算できるはずです。

セグメントを検討するさいには、2軸で考えましょう。
例えば、性別(男、女)と年齢(10代、20代)といった感じです。←一番オーソドックスな事例ですいません。

切り口としては、地域・雑誌の購読者など多数ありますので次回ご紹介を致します。
posted by 診断士&具申士 at 16:19| 企業経営理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2億円のつかみかた

2億円のつかみ方。
このフレーズの真意をお伝えします。
続きを読む前にクリックをお願いします。(皆様の応援が私へのインセンティブです。)


カンのいい人はすぐに気づいていますよね。

そう、「ロト6」のキャッチコピーです。

電車の中吊りに「ロト6の宣伝」があり、
”2億円のつかみかた”
@宝くじ売り場に行く
A好きな番号を書く
B抽選日を待つ
と常盤貴子がイメージガールで広告していました。

すばらいい、キャッチコピーだなーと感嘆!!

人をひきつけるコメント力!

”2億円のつかみ方”・・・このblogであえて、記事タイトルを同タイトルにしてみた。
その効果を測定してみたいからだ!!

”2億円のつかみかた”というタイトルにつられて当サイトにきたかたは、その威力を実感していることと思う。

企業においても、ある製品を売り出す際には”キャッチコピー”が重要になるケースも多い。
是非、新製品の売り出し・販促の際には、”キャッチコピー”を意識していただきたい。

伝えたいメッセージを的確に顧客に伝えることができてこそ、広告が最も活きるのです。

応援をお願いします。(ランキングが私のインセンティブとなります)
posted by 診断士&具申士 at 22:35| 企業経営理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。