2005年10月29日

売上が伸びない理由は?

売上を”伸ばす会社”と”伸ばせない会社”が存在します。

クライアントから良く聞かされる、
『売上が伸びず、今月も厳しい資金繰りです。もうやだ〜(悲しい顔)
『営業努力は懸命にしているのですがふらふら・・・』 などなど・・・
の失望の念。

応援お願いします←クリック

世の中には”よい製品”なのに売れないなんてこと多いですよね。

各企業は、自身を持って製品製造し市場へ送り出しているのですが、この自身作の”商品”が売れない。

すると、企業経営者はこうつぶやきます。
『なぜ売れないのでしょうか?ちっ(怒った顔)
『売上を伸ばすには如何したらいいのでしょうか?ふらふら

このようなつぶやき(相談)を聞く際に、大半の方に返答していることがあります。
勿論、相談者の個々の事情をによって売れない理由は色々とあり、一辺倒の返答は無理でありますが、実はほぼ各会社に共通して申し上げることがあるのです。

それは、『会社に”売る仕組み”ができていない』という現実を申し伝えることです。

売る仕組みができていない会社とは下記のような状態の会社です。
(このような企業が実に多い爆弾。)

続きを読む
posted by 診断士&具申士 at 22:36| 企業経営に関する私見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

中小企業のM&A

新聞紙上を賑わしている「M&A」の見出し。
この状況を上場企業のマネーゲームと批評する方や大手企業のマネーゲームなどと揶揄する方もいる。

応援お願いします←クリック

そのような表面的な「M&A」のイメージを拠り所とし、中小企業において『M&A』は関係ないと思っている方がいるが、これは大きな間違いです。ちっ(怒った顔)

中小企業のM&Aはかなり活発化してきており、『後継者問題』、『企業再生』の解決策としてM&Aが活用されてきていることはきちんと認識すべきです。わーい(嬉しい顔)


中小企業のM&Aは新聞や書籍とはまったく異なる現実があります。

特に、M&Aに関する知識のない中小企業の方々同士の話し合いは、想像以上に困難を極めます。

まず、最初の段階においては、”感情論”が主で、法務・税務・財務などの理論に基づく”常識”での交渉ができません。

よって交渉初期のアドバイザーの主な業務(クリアーすべき課題)は、M&Aのレクチャーを行い、双方が”常識”の範囲内で話し合いができる状態へ啓蒙することとなります。

次に、やはり”感情論”の調整をしなければなりません。

しかし、企業経営者=オーナーであるケースがほとんどであることから、これがまた予想以上に大変なのですふらふら

売却価格を決定する際には”常識”に基づいた企業価値を算出し、それを基に交渉を始める。

しかし、合理的に買収価格を決定しても絶対的な価格は存在しないために、ある程度の幅は当然認められます。

この幅に、”幅”以上の感情(思い入れ)が入ってくるために相当に苦労しますがく〜(落胆した顔)
公開企業のように、株価があればどんなに楽かと思う瞬間です。

そして極めつけが、アドバイザリー手数料が高いと言い出すときであるちっ(怒った顔)

M&Aの仲介には相当の専門性と手間がかかるために相当の手数料を頂くのが常識なのですが、これも感情論で高いとなってしまう。

やれやれです・・・・がく〜(落胆した顔)

posted by 診断士&具申士 at 19:12| 企業経営に関する私見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。