2005年11月24日

モラルサーベイとは

「従業員のモチベーションをあげるにはどうしたら良いのでしょうか?」
この問いかけは、大変な難問ですが、

私は以下のように皆さんに指導しています。


応援お願いします←クリック


T.従業員のモチベーションを高めるには何が必要と考えているかを質問します。

すると、『指導』・『賃金』・『役職』といった返答が多く返ってきます。


U.従業員のかたは会社(経営者)に対して何を一番求めているかをお伺いします。

すると、上記Tの回答の中の1つが返答として返ってきます。


大抵、T・Uの質問は経営者に質問するわけですが、
従業員の意向をきちんと理解したうえで返答している経営者はほとんどいないのが実態です。
⇒従業員は経営者に本音を言いません。面と向かって言うのは「おべんちゃら」ですから。


V.経営陣の現状認識を確認したうえで、下記の事項を経営者に具申します。

■T.の質問については、『経営陣とのコミュニケーション強化』、『能力開発の補助』、『社員との懇親補助』などが他にも考えられます。

■U.については、従業員が会社に対して”不満”を感じていることを改善する方策が、従業員の求めていることといえます。

そして、
W.「従業員の求めていることを把握しているでしょうか?」と投げかけます。

『いいえ』・『はい』と返答が返ってこようが、

X.”モラルサーベイ”の実施により従業員が求めている本音を探りましょうと提言するのです。

※モラルサーベイとは、『従業員の意識調査』を意味します。

従業員のモチベーションをアップさせる秘訣は、従業員が何を求めているかをできるだけ正確に掴むことです。

従業員が欲するものを与えなければ、従業員のモチベーションは上がらないものです。

具体的には、
”研修制度の充実”を求めている従業員に対して”金銭”を付与するよりも、”研修機会”を提供するほうが当該従業員のモチベーションは高まるものなのです。

参考:
企業経営と組織行動学
応援お願いします←クリック


posted by 診断士&具申士 at 08:09| 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

キャッチフレーズ

販促の武器として注目すべきは”キャッチフレーズ”である。

顧客にどの様なベネフィットを提供できるのかを的確に表した”キャッチフレーズ”。

売上に伸び悩んでいる方に申し上げたい。
今一度自社の製品の魅力を言葉で表現してみてほしい。
本当に御社の商品のすばらしさがターゲット顧客に伝わっているだろうか。

魅力のあるキャッチコピーであれば、顧客の反応は良くなる。
魅力のない、ありきたりな表現では、顧客の関心をひきつける事はできない。

「3億円の掴み方教えます」
posted by 診断士&具申士 at 00:18| 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。